子連れ避暑旅のすヽめ2

蓼科旅行旅行2日目の旅行記です。

1日目はこちらから。

目次

スケジュール

5時過ぎ ママと長女起床。露天風呂デートへ。
6時  帰室。パパ1人で露天風呂へ。
7時 朝食ビュッフェ
9時 ビーナスラインへ向けて出発
9時半 ころぼっくるひゅってでコーヒータイム
10時20分 車山高原散策、昼食
12時45分 白樺湖ファミリーランド

ビーナスライン

ビーナスラインとは長野県茅野市から高原を駆け抜けて美ヶ原高原美術館までつながるドライブロードです。

おすすめは白樺湖から美ヶ原までの区間です。森ではなく高原を走る感じが堪らなく気持ちがよく、高原植物の儚げで可憐な花が道を彩り、窓を開ければ爽やかな風が感じられて…私がものすごく大好きなドライブロードです。

昔は白樺湖から上がるところに「メロディロード」という区間があり、時速40キロで走行すると走行音が「スカボロフェア」になるものが設置されており、旦那と2人ではしゃいだものですが、今は維持が難しくて撤去されたようです。

ビーナスライン上には景色を楽しむ駐車場や山小屋、牧場などがあります。

ころぼっくるひゅって

標高1820mの清々しい空気や絶景と共にサイフォンで入れたコーヒーがいただける山小屋です。

場所

長野県諏訪市霧ヶ峰車山肩

ビーナスラインからは見えませんので、ナビで辿り着いても最初は戸惑うかと思います。

見えるのは手前にある「チャプリン」というレストランのみ。チャプリン前にある駐車場に車を停めて、向かって右側の小道を歩いていくと、右手にバイオトイレがあり、その先にころぼっくるひゅってはあります。

赤ちゃんだっこしてスポーツサンダルのままでもつけるほど近いです。

メニュー

サイフォンで入れたコーヒー 500円
ボルシチ 950円
ケーキ 500円
トースト 500円

コーヒーは言わずもがな。ナッツのケーキが絶品でした!ディラミスも濃厚で美味しかったです。

車山高原

元々の予定には入れていなかったのですが、長女が山頂に伸びるリフトに興味津々!

遊園地で遊ぶ時間は少なくなるかどうするか尋ねたところ、それでも行ってみたいと。

なので寄り道です。

場所

長野県茅野市北山3413

ビーナスラインから看板が出ているので入りやすいですよ!

展望リフト料金

抱っこ紐に赤ちゃんを入れれば赤ちゃんも無料で一緒に乗れます。1匹500円でわんちゃんも乗れます。

スカイライナーに乗り、中腹を楽しんだ後にスカイパノラマで山頂を目指す形です。

片道15分の道のりです。ビビりの長女が怖がらないか心配でしたが、ディズニーシーで乗った”ソアリン”みたいで楽しかったそうです。

往復
大人2400円
小学生1600円
幼児800円
幼児は4歳から6歳まで。

トレッキングする方用に片道料金や、リフト1ルートだけの料金も存在します。

4人乗りリフトで、赤ちゃんは換算されないので家族みんな一緒のリフトに乗れました。

ちなみに麓から中腹までのスカイライナーにて写真をとってくれるサービスがあります。

全員揃っての家族写真って貴重なので、こういうのすぐ買っちゃいます。

昼食

さすがスキー場。昼食を取る選択肢はたくさんあります。

ホットサンド系の軽食をとれるkitchen kururiはスカイプラザ1階。売店の奥。

ガッツリメニューなら2階にあるメインレストラン

リフトとリフトの間の中腹にはピザの食べれるレストランTOP’s360

駐車場前にもレストランヨーデル。鶏重や各種ラーメンが食べれるそうです。

我が家はスカイプラザでお土産を買った流れで、2階のメインレストランでご飯を食べました。

離乳食持ち込みokもらい、ベビも完食してくれました(*・艸・)ハイチェアも貸してもらえます。

白樺湖ファミリーランド

場所

長野県北佐久郡立科町芦田八ケ野1596

駐車場は複数あるので、あらかじめどこのエリアで遊ぶのか決めてから停めた方が楽だと思います。

我が家は遊園地とワクワクエリアにあるどうぶつ王国、テディベア美術館が目的だったので「リゾート2」のエリアに停めました。立体駐車場の1階に停めれたので車内は熱くなりませんでした。

他のサイトにはベビーカーは大変と書いてありましたが、横断歩道もありましたし、余裕でしたよー。

料金

内容
フリーパスファミリーランド入園券・アトラクションフリー(一部除外)・展望リフト・影絵美術館・プリキュアランド・ゴルフ1回大人4500円子供3400円
スーパーフリーパスフリーパスの内容+どうぶつ王国+テディベア美術館大人5000円子供3600円
アフターフリーパスフリーパスの内容。15時から販売開始大人3100円子供2100円
入園券ファミリーランド入園券大人1700円子供1400円
どうぶつセットファミリーランド入園+どうぶつ王国大人2200円子供1700円
ゴルフセットファミリーランド入園+ゴルフ3種(パター・マレット・パーク)から1種類1回利用大人2200円子供1700円
影絵美術館セットファミリーランド入園+影絵美術館大人2200円子供1700円
花めぐりセットファミリーランド入園+展望リフト大人2200円子供1700円
フリーパス+プールセットファミリーランド入園+室内温水プール大人5600円子供4500円
森の3つの美術館セット影絵美術館+テディベア美術館+森の美術館大人2500円子供1400円幼児800円
3歳以下は無料

ファミリーランドは公道を挟んで立っています。公道から中に入るたびにゲートがあり、ファミリーランド入園券をかざして入ります。

大人子供
5点券1900円1400円
1点券400円300円

料金形態がなかなか複雑です。フリーパス買っても別料金のアトラクションがあったり。フリーパスで入れる施設と入れない施設があったり。回数券が1枚のあらトラクションやら2枚のアトラクションやら。

つまりは行き当たりばったりだと行かない施設代も払っちゃったり、追加で買わないといけなかったりするので、あらかじめアトラクションをいくつ乗りたいのか、どこのエリアで遊びたいのか、子供達へのリサーチが必須になります。

我が家の場合はアトラクション2.3個、どうぶつ王国、アスレチック、あわちゃぷ、テディベア美術館という事だったので、ファミリーランド入園券+わくわくどうぶつ王国入園券のどうぶつセットを事前購入し、テディベア美術館と泡ちゃぷを個別に。アトラクションは回数券にしました。アスレチックは無料です。

以前来訪時は美術館セットを購入したのですが、正直テディベアだけで良かったなぁと思ったので今回は端折りました。

遊園地

クルクルタワー

身長90センチからokで利用権1点です。

二人乗りで子供2人で利用可能でした。

自力のフリーホール(降りる時低速ver.)です。

ヒッポのどんぐりハウス

まさかの貸し切り運転

利用券1点で利用可能。3歳から乗れます。兄弟だけで乗車OKでした。

シラカバウットコースター

こちらも1点で乗れます。90センチ以上で乗車可能。絶叫系苦手な長女が乗車拒否したので、保護者のパパと次女で行ってきてもらいました。周りがキャーキャー騒いでいる中、次女は大爆笑していたらしいです。ママ似かな。

泡ちゃぷ広場

期間限定で行われるイベントで、今年は7/15〜17、7/22〜8/21で開催されていました。

場所はワクワクエリアの上記印が付いた部分です。

大人400円子供300円で30分遊べます。フリーパス券でも1回利用可能。

テントで更衣室が作ってあり、有料のコインロッカーが設置されていました。

写真奥が更衣室です。こんなスライダーが設置されていたり。

ルール外の事をする子にはスタッフさんがちゃんと注意もしていました。治安も良いです。

泡が出る機械があって、初対面の子と楽しく遊んでいました。

その他浅いビニールプールと深いビニールプールが設置されていたりしました。

お着替えが1人でできる子であれば子供たちだけ中に入って、保護者は柵の外の木陰から写真を撮ることもできます。

どうぶつ王国

カワウソやアルパカ、羊やヤギ、うさぎなどお馴染みの動物だけではなく、プレーリードッグやミーアキャットと、スナネコなどもいます。

さらに色んな動物に餌やりができちゃいます。(餌代はその都度払います)

上の写真はアザラシに餌やりしているところです。

フクロウさんの集団もいました。

アスレチック

アップダウンがあり、秘密基地のようで楽しそうでした。パパとママとベビーはしばし休憩です。

利用料は無料です。

テディベア美術館

ミュージアムショップで1人1匹お気に入りのくまちゃんを選んでもらいました

料金

大人(中学生以上) 1,400円
小人(小学生) 800円
幼児(3才以上) 500円
3才未満 入館無料

施設設備

美術館、ミュージアムショップ、トイレ、授乳室、自販機と休憩スペースがあります。

授乳室のソファがふっかふか!そしてくまちゃんたちに囲まれメルヘン空間でした!

くまちゃんがいっぱいのジオラマは見てて頬がほころんじゃいますね。

ぬいぐるみ大好きな人にとって幸せ空間です。

まとめ

我が家はこんなコースでベビーカーありで巡りました。ご参考までにルートを載せておきます。

時間として3時間半ほど遊びました。日焼け止めをしっかり塗っていたママと子供達はさほど焼けませんでしたが、夫はヒリヒリ痛そうでした。

風は冷たくて気持ちいですが、日差しは強いので日差し対策をお忘れなきを!

ランキング参加中!

ポチるとよろこびます にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

情報を共有してみてね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次